サーフ・ミュージック・シーンの先駆者<G・ラヴ>、初の完全ソロ・ショウ公演ライヴレポート!そしてフジロック2016で再来日!

2016.05.30

 デビュー当時は「新世代ブルース」を奏でるシンガーソングライターとして、そして21世紀に入ってからはサーフ・ミュージックを支える存在、そして最近では再びブルースと向き合い円熟かつエキサイティングなサウンドを発信。時代とともに進化している、Gラヴ。デビューから20年以上、実は彼の初となる日本でのソロ公演が、5月29日(日)渋谷クラブクアトロにて開催されました。



【ライヴレポート】

 日曜の夕方スタートの公演ということもあってか、会場はすでにいい感じにお酒の入った観客たちが、それぞれに会話を楽しみながら、主役の登場を待っていたようなリラックスした空間。そこにピース・サインを掲げ、フラッとアコースティックギターを抱えて登場したGラヴ。「コンバンワ!」と日本語で挨拶をすると、椅子に腰掛け、昨年末にリリースされた最新アルバム『ラヴ・セイヴス・ザ・デイ』に収録されている「ニューヨーク・シティ」をパフォーマンスする。ギターにブルースハープ、さらにフットドラムを駆使しながら、奏でる圧倒的なブルースからは、ニューヨークの喧噪が見えてきたのはもちろん、彼の長いキャリアのなかで培ってきた渋味も響いてきた。その後も、最新作に収録された失恋ソングという「バック・トゥ・ボストン」をカラッとしたサウンドで響かせ、ブッカ・ホワイトのカバーで11年に発表したアルバムのタイトル曲である「フィクスィン・トゥ・ダイ」を再構築して披露。さらに途中でミスタッチをして「やっちまった」という声も出すのだが、それも楽曲のフレーズにしてしまうという即興をみせる場面もあるなど、ソロ・パフォーマンスだからこそ聴くことのできたグルーヴが満載だった。

 彼が所属するレーベル「ブラッシュファイアー」の主催者であり盟友でもあるジャック・ジョンソンとのコラボ曲「レインボー」(04年発表の『シッカー・ザン・ウォーター』のサントラ盤に収録)や、「ロデオ・クラウンズ」(99年発表作『フィラデルフォニック』に収録)も披露するなど、過去を振り返る場面もあったステージ。実はここ渋谷クラブクアトロは、彼が1995年6月に初めて来日公演をおこなった「思い出の地」。初来日公演は、共に「ブルース四天王」と評された、ザ・ジョン・スペンサー・ブルースエクスプロージョンとのスプリット公演で、当時のことを鮮明に記憶していたらしい彼は「あれから20年経つんだ」と、ちょっと感慨深げだった。また「あの公演に来ていた人はいる?」と問いかけると、フロアから手を上げる人が続々。それを見ると「おー!ブラザー」と笑顔を浮かべ、あの当時のフレッシュな気持ちを思い返すように、94年にリリースされたデビュー盤から「ベイビーズ・ゴット・ソース」をパフォーマンス。軽快な「ラグ・モップ(ヒップホップとブルースをミックスさせたGラヴ開発のサウンド)」を轟かせ、会場を20年前にタイムスリップさせた。

 アンコールでは、ファンからのリクエストに応じる形で3曲を披露。なかでも観客からの要望が高かった「ステッピン・ストーンズ」(97年発表作『イェー、イッツ・ザット・イージー』に収録)は、最初どう演奏するのか忘れてしまった演技をし、観客をやきもきさせる場面もあったりなど、茶目っ気もみせてくらたGラヴ(しかし演奏は、当時の軽快さを残しつつも、深みのあるブルースを漂わせるもので、Gラヴや楽曲がいい流れで進化・成長している姿がわかる素晴らしいパフォーマンスだった)。MCでは「今年は大好きな日本に2度も来られる機会を作ってもらってうれしいよ。1回目が今回で、次が7月のフジロック。今度は最高のプレイヤーである(スペシャル・ソースのメンバーの)ジミー・“ジャズ”・プレスコット (b) 、ジェフリー・“ハウスマン”・クレメンス (dr)と一緒に、今日とは違うパフォーマンスするよ。また苗場で会おう!」と語っていたが、今年で20周年を迎えるフジロック・フェスティバルのステージに、5年ぶりに登場することが決定している。そこでは、今回とはひと味異なるスリルと興奮、そしてピースとラヴを吸い込むことができることは確実。さらに夏が待ちきれなくなったライヴになった。

 

Live report by Takahisa Matsunaga

Live photo by Yoshika Horita

 


 

【最新リリース情報】

G・ラヴ&スペシャル・ソース

『ラヴ・セイヴス・ザ・デイ』

発売中

<国内盤CD>

SICX-16 2,400円+税

ボーナス・トラック2曲収録

=収録曲=

01.ラヴ・セイヴス・ザ・デイ (feat. デイヴィッド・イダルゴ)

02.ディス・ソング

03.ザット・ガール

04.バック・トゥ・ボストン

05.ニューヨーク・シティ (feat. ルシンダ・ウィリアムス)

06.アー・ユー・キディング・ミー?!

07.ミューズ (feat. シティズン・コープ)

08ベイビー・ホワイ・ユー・ドゥー・ミー・ライク・ザット? (feat. DJロジック)

09.レッツ・ハブ・ア・グッド・タイム (feat. オゾマトリ)

10ピーナツ・バター・リップス

11.ピック・アップ・ザ・フォン (feat. クリスティ・リー)

12.リル・ラン・アラウンド

国内盤ボーナス・トラック

13.バンプ・イン・ザ・ロード

14.ザ・フック・アップ   

 

<配信>

『ラヴ・セイヴス・ザ・デイ』 iTunes購入リンク:

https://itunes.apple.com/jp/album/love-saves-day-japan-version/id1054852106


G・ラヴ&スペシャル・ソース: バイオグラフィー】

フィラデルフィア出身のG・ラヴ(本名ギャレット・ダットン)率いるG・ラヴ&スペシャル・ソース。「ラグ・モップ」というヒップホップやブルースを融合させた新しいスタイルを確立し、同時期にデビュー(またはブレイク)したベック、ベン・ハーパー、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンと共に新世代ブルース四天王として大きな話題となる。1998年、4作目『フィラデルフォニック』制作時にG・ラヴに多大なる影響を受けて音楽を始めたばかりの元プロ・サーファー、ジャック・ジョンソンとサーフィンに行ったことがきっかけで知り合い、良き友人となる。これはまさに運命の出会いとなり、ジョンソンがG・ラヴの為に作曲した「ロデオ・クラウンズ」をアルバムにフィーチャーしたことで、ジョンソンの名前は音楽業界に広まっていき、その後メジャー・デビューのきっかけともなる。その後、大ブレイクしたジャック・ジョンソンと共にG・ラヴはサーフ・ミュージック・シーンを牽引する第一人者のひとりとして脚光を浴び続けている。昨2015年、通算11作目となる『ラヴ・セイヴス・ザ・デイ』を発売、今年5月の初のソロ・ショウを経て、今夏、フジロック2016に出演する。


rss

関連商品

  • image
    ラヴ・セイヴス・ザ・デイ
    2015.11.25
    アルバム
    ¥2,400+税
    サーフ・ミュージック・シーンの先駆者、G.ラヴがスペシャル・ソース名義で放つ11th