バルトーク:管弦楽のための協奏曲&弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽」【Blu-spec CD2】
2012.12.05
アルバム
¥1,800+税
SICC-30030
ベスト・クラシック100<26>次世代高品質CD『Blu-spec CD2』を採用
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. 管弦楽のための協奏曲 Sz.116 Introduzione: Andante Non Troppo; Allegro Vivace
  • 2. 管弦楽のための協奏曲 Sz.116 Giuoco Delle Coppie: Allegretto Scherzando
  • 3. 管弦楽のための協奏曲 Sz.116 Elegia: Andante Non Troppo
  • 4. 管弦楽のための協奏曲 Sz.116 Intermezzo Interrotto; Allegretto
  • 5. 管弦楽のための協奏曲 Sz.116 Finale: Pesante; Presto
  • 6. 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 Sz.106 Andante Tranquillo
  • 7. アレグロ ~弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽
  • 8. 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 Sz.106 Adagio
  • 9. 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 Sz.106 Allegro Molto
  • 10. 5つのハンガリー・スケッチ Op.38 (1) 村での夕べ
  • 11. 5つのハンガリー・スケッチ Op.38 (2) 熊の踊り
  • 12. 5つのハンガリー・スケッチ Op.38 (3) メロディ
  • 13. 5つのハンガリー・スケッチ Op.38 (4) ほろ酔い加減
  • 14. 5つのハンガリー・スケッチ Op.38 (5) 豚飼いの踊り
ライナーによるバルトークが、録音後半世紀を経た今日でも絶大な支持を得ているのは、たんに作曲者本人と親交があったからというわけではありません。耳に突き刺さるのではないかとすら思える、硬く引き締まった辛口のサウンドの裏側に、精妙なアンサンブルへの指向、旋律を歌わせる際の慎み深さと繊細さが見え隠れし、音楽の持つ多様性を聴き入るほどに明らかにしてくれるからです。いつまでも新鮮さを失わない真の名盤といえるでしょう。

■Blu-spec CD2
■24bit/192kHzリマスタリング



購入・ダウンロード

×

CDを購入