2001年 
スコットランドのグラスゴーにて結成。グラスゴー大学で出会ったアレックス(Vo)とボブ(B)を中心に活動がスタートする。「フランツ・フェルディナンド」という名は第一次世界大戦勃発の要因となった“サラエボ事件”で暗殺されたオーストリア皇太子の名前。「名前の響き」と「この事件(サラエボ事件)でその後の世界が変わってしまった史実」が気に入ってバンド名にすえた。

2002年5月 
初めてのギグを行う。場所はグラスゴー芸術大学の展覧会。スローガンは「女の子を踊らせる!」こと。そして彼らは女の子を踊らせるのに成功。

2003年9月 
英国のインディ・レーベルDominoからリリースされた一枚のシングル「Darts Of Pleasure」がシーンに決定的な衝撃を与えた。レーベルの戦略で極端にエア・プレイが制限された(なんとBBC/Radio Oneでのオン・エアーは6回!)にもかかわらずこの曲は「UKキッズ必携の一枚」となり、アルバム・デビューを前に英国全土が沸きあがった。

2004年。世界はフランツという才能に瞠目した。

2004年1月 
英NME誌は後々まで語られることになる扇動的な見出し--「このバンドが君の人生を変える」というキャッチとともにフランツを表紙に掲げ、全世界的なフランツ・フィーバーがここにスタートする。同月リリースのシングル「Take Me Out」は、当時の“全て”を変えてしまう程の威力をもった決定的な一撃となる。その人気はイギリスからヨーロッパに飛び火し、“最もクールな4人組”の世界制覇がスタートする。

2月 
記念すべきフランツ・フェルディナンドのデビュー・アルバム『Franz Ferdinand』が全てを証明した。インディー・レーベルからリリースされたにも関わらず、この傑作は一週間で80000枚を売り上げ全英ナショナル・チャート初登場3位を記録。そしてこれを機にUKシーンは瞬時に活力を取り戻す。イギリスのバンドは彼らに続けとばかり国内/国外で勢いを取り戻し、若者たちはフランツにならってシャツを"タック・イン(=ズボンの中に入れること)”し始め、そしてロック/ポップ/ダンスの垣根は取り払われてしまった。イギリスから飛び火してまずはヨーロッパが熱狂、そして遂にアメリカまでもがフランツの虜になった。「近年最も熾烈な入札競争」(米Billboard誌)と言われる契約争奪戦を経て、USエピック・レコーズが巨額にてフランツ獲得に成功。アルバム発売を前に全米ツアーは次々とソールド・アウトに。

6月 
遂に日本デビュー。そして7月末には早くもフジ・ロック・フェスティヴァル参加での来日を果たす。前代未聞の「真昼間14時台でのグリーン・ステージ完全満杯!」を経て、11月には即日完売/日本縦断単独公演を成功させる。

2005年3月
アルバムは全米チャートのTOP40にひたすら留まり続けセールスは100万枚に到達。そしてUK新人では唯一のグラミー賞でのオープニング・パフォーマンスを務めることに。彼らはグラスゴーに帰り、次のアルバムに向けてレコーディングを開始。アレックスの自宅のスタジオで骨組みはあらかた作られた。プロデューサーとして白羽の矢が立ったのはリック・ルービンの片腕としてレッチリ、レイジからフィオナ・アップル等を手がけてきたリッチ・コスティー。

7月
最終レコーディングとミックスはNYのAvatar Studios (Chic, Bowie, Roxy Music) で行われた。その間4人はマンハッタンのロフトで共同生活、スタジオには地下鉄や自転車で通う日々。

2005年。世界はフランツで踊り、フランツに恋をした。

2005年9月
2ndアルバム『YOU COULD HAVE IT SO MUCH BETTER』をリリース。デビュー作で世界に衝撃を与えた“クールで踊れて楽しく普遍的でそして病みつきになる”フランツの醍醐味がますます加速したこの作品も、全世界で再び熱狂的に迎えられた。日本ではSONYウォークマンのCMソング/キャラクターに抜擢されると、翌年にはUKアーティストとして史上最速の武道館公演を実現させ、更にはフジロック・フェスの史上最速でのヘッドライナーへの抜擢など、爆発的にファンを増やしていく。当然のように、この作品でもグラミー賞ノミネーションの栄誉を獲得した。

2009年。今度のフランツは危険で、甘い。

2009年1月
3年半という長いインターバルを経て、遂に3rdアルバム『Tonight: Franz Ferdinand』をリリース。前2作を“加速による進化”とするなら今作は“深化による進化”。プロデュースにリリー・アレンやホット・チップとの仕事で知られるダン・キャリーを迎え、“夜”をテーマにアルバムを完成させた。
ポップであることを極めるために深化を選んだフランツ・フェルディナンドの第二章はここから始まる!