new album

〈収録曲〉

  1. ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ
  2. ラヴ・アンド・レイン
  3. ダーティ・トゥ・ザ・ボーン
  4. ホエン・ザ・ナイト・カムズ
  5. ザ・サン・ウィル・シャイン・オン・ユー
  6. エイント・イット・ア・ドラッグ
  7. オール・マイ・ライフ
  8. アイム・リーヴィング・ユー
  9. ワン・ステップ・アット・ア・タイム
  10. アローン・イン・ザ・ユニバース
  11. フォルトライン *
  12. ブルー *
  13. オン・マイ・マインド **
  • When I Was a Boy
  • Love and Rain
  • Dirty to the Bone
  • When the Night Comes
  • The Sun Will Shine on You
  • Ain't It a Drag
  • All My Life
  • I'm Leaving You
  • One Step at a Time
  • Alone in the Universe
  • Fault Line *
  • Blue *
  • On My Mind **

*Deluxe Versionのみ収録 **日本盤CDのみのボーナストラック
(Standard Versionは1-10まで収録)

これぞ、名曲。

少年時代の夢や自身の音楽人生を振り返る
シングル「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」は名曲中の名曲!
ポップの魔法が詰め込まれたELOの全曲新録ニュー・アルバム!

音楽史を象徴する影響力を持つグループのひとつとして知られる、ELOが15年ぶりのアルバムをリリースすることになった。タイトルは『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』。海外は11月13日、日本は11月18日発売(高品質BSCD2仕様/日本のみのボーナストラック収録)。
ファースト・シングル「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」が公開された

 

ビートルズに憧れた少年時代の夢を乗せて—「ポップの魔術師」ジェフ・リン率いるELO、15年ぶりの新作を発表。smarturl.it/ELOalone

Posted by Legacy Recordings JP on 2015年11月7日

ELO - When I Was A Boy (Jeff Lynne’s ELO – Video) 《日本語字幕入り》

新曲「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」はジェフ・リンの少年時代の夢やこれまでの音楽人生について歌った曲。既に名曲として永遠に残っていくことが約束されたようなメロディで「ヴィンテージELO」サウンドともいえるもの。
ジェフ・リンは新曲に関してこう語っている。

「音楽は人生に強力な影響を及ぼすんだ。
1つのいい曲があれば、人はこの宇宙で孤独感をずっと味わわずに済む。
僕はそういう曲を作りたいんだ。
バーミンガムで夢見る子供だったあの頃から今日に至るまで、
僕の人生すべてが証明している。
音楽でどれほどたくさんのことができるかということをね」(ジェフ・リン)。

米コロンビア・レコーズ(ソニー・ミュージック)社長のアシュリー・ニュートンはアルバムについてこう語った。
「『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』は純然たるポップスの完成形です。ELOのカムバックに携れることに私たちは胸を躍らせ、この現代の名盤を米コロンビア・レコーズ(ソニー・ミュージック)からリリースできることを非常に誇りに思っています」

ELOが過去にチャートのトップを席巻したアルバムと同様、ジェフ・リンは新作『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』でプロデューサー、ソングライター、アレンジャー、リード・シンガー、ギタリストを務める。
ジェフ・リンズELOとしては、昨年2014年9月、ロンドンのハイドパークでBBCラジオ2主催の『フェスティヴァル・イン・ア・デイ』のヘッドライナーとして約30年ぶりに出演、ソールドアウトにした5万人のファン、そしてテレビ中継を見た100万人近くの視聴者の前で素晴らしいライヴ・パフォーマンスを披露。また今年2015年2月に行なわれた第57回グラミー賞ではエド・シーランと共演、「Mr. Blue Sky」などを演奏するなど、復活の機運が高まっていた。

ジェフ・リン

【バイオグラフィ】

ELOはビートルズへの愛情とロックとクラシックを融合させた独自の音楽スタイルで70~80年代を席巻。71年結成以来、86年の『バランス・オブ・パワー』まで12枚のアルバムを残し解散。2001年 『ZOOM』で一度復活。ELOとして全世界で5000万枚以上のトータルセールスを記録。74年から81年の間、次々にマルチミリオンセールス記録していたELOは全米・全英で20曲以上のトップ40入りヒットを放ち。当時ギネスで“最もTOP40ヒットが多いアーティスト”という記録を残した。日本では「トワイライト」がドラマ“電車男”の主題歌に起用されたり、「ミスター・ブルー・スカイ」がCMに使用されるなどおなじみの楽曲も多い。他「ザナドゥ」「シャイン・ラヴ」「ドント・ブリング・ミー・ダウン」 「コンフュージョン」「ロンドン行き最終列車」なども大ヒットした。

また、ジェフ・リンはグラミー賞を受賞したスーパーグループ、ザ・トラヴェリング・ウィルベリーズの結成メンバーでもあり、音楽史上最も名高いプロデューサーのひとりでもある。彼はザ・ビートルズ、ロイ・オービソン、ジョージ・ハリスン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、トム・ペティ、ジョー・ウォルシュなど数多くの伝説のアルバムのプロデュースを手がけ、コラボレーションを行なってきた。2015年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム受賞。聖ユダヤ小児研究病院 (St. Jude Research Hospital)、MusiCares(NARAS傘下の音楽関連チャリティ財団)、H.E.A.R.T. (Helping Ease Abuse Related Trauma、虐待関連トラウマ緩和支援団体)といった団体に積極的に支援活動を行う人道主義者でもある。

アーティスト・オフィシャルサイト:http://www.jefflynneselo.com/

アルバム『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』について

少年の頃は夢があった
どんなものになりたいか
ベッドに入るとすぐに
頭の中に音楽が流れ始めていた
少年の頃は夢があったんだ

―『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』収録「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」より

15年近くを経て久々に発売されるELOのアルバム『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』を注意深く聴いていただければ、素晴らしいロックンロールの夢が現実になりつつある力強いサウンドを耳にすることができるだろう。『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』は世界中に何百万人といるELOファンの夢を叶えてくれるだけでなく、ジェフ・リン自身にとっても引き続き夢を叶えてくれる作品である。一連の新曲は、彼の頭の中に流れているたぐいまれな音楽を完璧な形でとらえている。

『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』の希望に溢れた、ついつられて歌いたくなるオープニング曲にしてファースト・シングルでもある「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」に美しく語られているように、音楽は常にジェフ・リンの人生の原動力であり続けてきた。その音楽に対する不朽の愛情こそが、ジェフ・リンをイングランドのバーミンガムで慎ましく育った子供時代から、世界の舞台へと運んだのだ。その舞台において彼は今も史上最高の成功を収め尊敬を集めるシンガー、ソングライター、プロデューサーのひとりである。ELOのクリエイティヴな力として、ザ・トラヴェリング・ウィルベリーズのメンバーとして、ソロ・アーティストとして、そしてザ・ビートルズ、ロイ・オービソン、トム・ペティといったロックンロール界のレジェンド仲間の多くの間で引く手あまたなプロデューサーとして。

それらの目覚ましい成功の裏には、ジェフの人生を少年の頃から記し続けてきた、同じ音楽への情熱が絶えず流れ続けていた。「音楽のおかげで僕はあらゆるところを訪れることができた。文字通りにも、比喩的な意味でもね」とジェフ・リンは言う。

「音楽は人生に強力な影響を及ぼすんだ。1つのいい曲があれば、人はこの宇宙で孤独感をずっと味わわずに済む。僕はそういう曲を作りたいんだ。バーミンガムで夢見る子供だったあの頃から今日に至るまで、
僕の人生すべてが証明している。音楽でどれほどたくさんのことができるかということをね」(ジェフ・リン)


『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』はまさにジェフ・リンの音楽人生すべてを深く、なおかつ見事に反映する、心を揺さぶられるアルバムである。このアルバムは『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』のディープでパーソナルなオープニング曲「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」から、はっとさせられるクロージング曲「アローン・イン・ザ・ユニヴァース」まで一貫して極めて印象深い作品であり、ジェフ・リンが現役アーティストであることを巧みに見せつけてくれる。

『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』ではジェフ・リンがELOの素晴らしい音楽的レガシーを復活させると同時に前進させている。それは2014年に5万人のファンを感動させたロンドンのハイド・パーク公演や、グラミー賞でのエド・シーランとのなどを通じて、彼と、ELOのキーボードを長年担当してきたリチャード・タンディが近年ステージで頻繁に行ってきたことである。

『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』はメロディ、音の感触、リフ、音のテクスチャが、『エルドラド』(1974年)、『フェイス・ザ・ミュージック』(1975年)、『ア・ニュー・ワールド・レコード』(1976年)、『アウト・オブ・ザ・ブルー』(1977年)など、ELOの歴史に残る名作を彷彿とさせる、まったく新しいアルバムである。しかしジェフ・リンはこう語っている。
「これは今しか作れないアルバムなんだ。今までの間に少しは学んできたと思いたいね」。
「僕にとってプロセスはいつも同じ。アイデアがひらめいたらレースに参戦する。そして楽しみが始まるのさ」。


「このアルバムは納得いくまで時間をかけて作ったから、ようやく曲が日の目を見ることになってワクワクしているよ」とジェフ・リンは言う。「ソニーと絶好の契約を結んだんだ。今まで僕たちがやってきたことをこれからシェアしていくのが楽しみだね。僕は音楽が人々にとっていかに意味の大きなものになりうるかを目と耳で身をもって体験してきた。ハイド・パークでプレイしたときもまたそういう気持ちになったよ。リチャード・タンディを見ながら、これほど長い年月が経っても、曲が人々にとっても僕にとってもなぜか一層意味を増していることについて考えていたのを憶えている。オーディエンスの合唱がとても大きくて、自分の声がほとんど聞こえないくらいだった。あれは美しい光景だったね。少なくとも僕にとっては今まで経験した最高のコンサートだった。文字通り一番のお気に入りのコンサートだね。あれは間違いなく、この宇宙での孤独感を少しは和らげてくれるよ」

―デヴィッド・ワイルド
(ワイルド氏は音楽評論家・ライターであり、ローリング・ストーン誌に寄稿している)

『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』ジェフ・リンによる楽曲解説

  • ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ

    最初は「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」から。僕の夢が始まった場所についての歌なんだ。頭の中でひとりでに流れてきた曲だね。次にアレンジが浮かんで、そこからはそれを形にするだけだった。歌詞もとても早く浮かんできたんだ。いつもそういう訳じゃないけどね。

  • ラヴ&レイン

    「ラヴ&レイン」は僕が思いついたギター・リフから始まった。何故かとてつもなく大きなクラヴィネットみたいな音がする。人生には恋と雨が繰り返し訪れるという内容の歌だね。この録音は娘のローラがバック・ヴォーカルで歌っているから特に気に入っているんだ。あの子は声がとてもいいから、訪ねてきたときに、この曲を歌ってみてくれと頼んだんだ。あの子はアメリカ育ちだから、僕が女性のバック・ヴォーカルに好みのアメリカ訛りがあるんだ。最初は3パートのハーモニーの全部をローラに聞かせることはしなかった。3つの歌い方をするように頼んで、それを合わせたものを聞かせたんだ。びっくりしながらも喜んでいたね。僕も同じ気持ちだった。

  • ダーティ・トゥ・ザ・ボーン

    僕は書いたものを一切捨てないんだ。常にテープやパソコン、あるいは心の片隅に残してある。過去のアイデアも喜んで引っ張り出すよ。ひとつのリフやメロディがいつ新曲にぴったり合うか分からないからね。「ダーティ・トゥ・ザ・ボーン」は2~3年前に別の曲として始まったものだけど、新曲に適応させてみたんだ。この曲が“邪悪な女性”のために書かれたものかって?まぁ、そうだね。普通そうだろう?

  • ホエン・ザ・ナイト・カムズ

    「ホエン・ザ・ナイト・カムズ」の始まりはカセットに録音したちょっとしたデモ音源だった。ベーシックなコードだけでね。とても強力なコード進行だってことは確信していたから、どうしても完成させたかった曲なんだ。その強力なコードが、僕が満足するまで曲を前進させてくれた。

  • ザ・サン・ウィル・シャイン・オン・ユー

    「ザ・サン・ウィル・シャイン・オン・ユー」は他より少しシリアスな曲だね。僕の大好きな、苦しんでいるある人のために書いたんだ。その人が…そして多分僕自身にも宛てていると思うのだけど、少しでも気が楽になったらと思って書いた。「ザ・サン・ウィル・シャイン・オン・ユー」が他の人の慰めになることを願っているよ。僕自身も少し慰められたからね。この曲ではリード・ヴォーカルが極めて前面に出ている。ミックスと、言いたいことが間違えようもなく表現できているところに満足しているんだ。

  • エイント・イット・ア・ドラッグ

    この曲は、アルバムにロックな曲が欲しいと思ったことから始まった。ロックな曲は絶対に欲しいものだよね。少なくとも僕はそうなんだ。ほとんどマージー・ビートなナンバーを作りたい気分だった。「エイント・イット・ア・ドラッグ」には確かにちょっとマージー・ビート風の響きがある気がするんだ。まったくマージー・ビートっていうのは、こんなに長年経ってもまだ効果的なものなんだね。

  • オール・マイ・ライフ

    曲の出どころを知るのは難しいね。「オール・マイ・ライフ」の場合は、ギターを弾いていたらこれらのコードが頭の中に飛び込んできたんだ。これはアルバムの中でも最後にできた曲のひとつで、とても気に入っている。みんなもそのうち歌ってくれる姿が想像できるね。その曲がどのくらいいい曲かというのは、何年も経ってみないと分からないものだよ。「ミスター・ブルー・スカイ」を書いたときはマスタリング・ルーム…当時はカッティング・ルームと呼んでいたけれど、そこに座って「この曲は自信がない」と思っていたのを憶えている。だから本当に分からないものだよ。ビッグになった曲の中には、あれで良かったのか悩んだ曲が恐らくいくつかあったと思う。でも当時のスケジュールはあまりに過密で考え直す余裕がなかったから、大抵は僕の汗ばんだ手から抜け落ちていった(そしてそのまま発売に至った)んだ。

  • アイム・リーヴィング・ユー

    察した人もいるかも知れないけど、「アイム・リーヴィング・ユー」は僕のビッグ・ヒーローのひとりで友人にもなった、偉大なロイ・オービソンに敬意を表して書いた曲なんだ。敬意というにはスケールが足りないけどね。何しろ、ロイ・オービソンみたいに歌える人はこの先二度と出てこないだろうから。でもこの曲は少なくともメロディの何かが、ロイ・オービソンの曲みたいな、耳に残ると思う。それから物語の中でひねりを利かせた歌詞というのも、ロイがとてもよくやっていたことだからね。今でもよくロイのことを考えるんだ。僕はロイ・オービソンが大好きだった。本当に優しい男で、巨大な才能の持ち主で、そう、偉大なウィルベリーだったんだ。

  • ワン・ステップ・アット・ア・タイム

    「ワン・ステップ・アット・ア・タイム」は、またアップ・テンポな曲が欲しいと思っていたときに浮かんだんだ。すてきなコード進行とメロディを作ろうとすることから初めて、そこから徐々にジグソー・パズルみたいに手持ちのネタをはめ込んでいった感じだね。曲のでき方はそれぞれで、時には断片的にできることもあるんだ。

  • アローン・イン・ザ・ユニヴァース

    「アローン・イン・ザ・ユニヴァース」は、僕が見ていたニュースから始まったんだよね。ボイジャー1号が太陽系を離れたときの話だ。ボイジャーが(太陽系の外を取り囲む)星間空間に辿り着いたから、宇宙(との距離)が狭まったみたいな、そういうびっくりするような素晴らしいことを言っていた。そこから心の中で、ボイジャー1号が本当に寂しくなって、ボイジャー2と一緒に出かけられるように、ミッションコントロールを送るように頼むという図が思い浮かんだんだ。ちょっとパーソナルすぎる気がしたからそのものずばりの単語は使わなかったけど、それでもちょっと別世界のラヴ・ストーリーみたいな感じに仕上がったね。