時代と共に変化し続けたアーティスト、デヴィッド・ボウイ逝去。
ソニー・ミュージックCEOからの哀悼の意。

2016.01.12

photo: Jimmy King

デヴィッド・ボウイ(1947年1月8日生まれ)が1月10日、69歳でその人生の幕を閉じた。

自身の誕生日、1月8日(金)に3年振りの新作『★』(読み方:ブラックスター)を発売、大回顧展『David Bowie is』を2017年春に日本開催する事を発表したばかりの出来事だった。

 

2016年1月10日 - デヴィッド・ボウイは18ヶ月に渡って癌と勇敢に闘った末、家族に見守られて安らかに亡くなりました。皆さんの多くと、この喪失を分かち合いつつ、しばらくの間どうか家族のプライヴァシーを尊重し、静かに見守っていただくようお願い致します。

 

January 10 2016 - David Bowie died peacefully today surrounded by his family after a courageous 18 month battle with cancer. While many of you will share in this loss, we ask that you respect the family’s privacy during their time of grief.

David Bowie facebookより)

 

ソニー・ミュージックエンタテインメントを代表して、ダグ・モリス(CEO)は

 

「デヴィッド・ボウイは空前絶後なアーティストの一人でした。道を切り拓き、ずば抜けた冒険心を持ち、時代と共にますます象徴的になり求心力を高め、その伝説的キャリアを築いてきました。彼は超越的な作品で数えきれないほどのミュージシャンに影響を与え、世代を超えた世界中のファンを魅惑しました。今日はソニー・ミュージックの大切な家族と言える彼に哀悼の意を捧げ、音楽史における悲しい一日を、ファンの皆様と共に彼に想いを馳せながら過ごしたいと思います。」

 

とコメントを発表している。

 

また、ボウイと共に新作のプロデュースを務めた“70年代のボウイを創った男”でもある盟友トニー・ヴィスコンティと、ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズは以下のようにコメントしている。

 

「彼はいつだってやりたいようにやっていた。自分のやり方で、そして最高のやり方で。彼の死は彼の生と何ら変わりない、ひとつの芸術作品だった。彼は私たちのために、お別れの贈り物として『★』を作ってくれた。こういう形になることは1年前から分かっていた。だけど私にはその覚悟ができていなかったんだ。彼は愛と生気に満ち溢れた、たぐいまれな男だった。彼(の存在)はいつまでも私たちとともにある。でも今は泣いてもいいんだ。」

トニー・ヴィスコンティ(Facebook

 

「とても残念で悲しいけれど、本当のことなんだ。しばらくネットから離れます。みなさんに愛を。」

ダンカン・ジョーンズ(Twitter

 

インタビュー稼働もなく、ここ十数年ミステリアスな存在であり続けたアーティスト、デヴィッド・ボウイ。癌と戦い続けながらの新作『★』の制作を続けていたのだろう。

2015年12月7日、舞台作品『ラザルス』の本公演初日の舞台挨拶にボウイ本人が登場し、久々の公の場に姿をみせた事でも大きな話題を集めた。

(davidbowie.com)

 

最新シングル「ラザルス」では、その時がくるのをわかっていたかのように、“見上げてほしい、天にいる俺を”、“今は皆が私を知る”とボウイは歌った、つい先日公開されたミュージック・ビデオでも、名優としての姿を見せてくれていただけに、訃報は世界中のファンやボウイから影響を受けたアーティストたちを深い悲しみに包んでいる。

 

「ラザルス」ミュージック・ビデオ



rss