5年間の沈黙を経て再始動。7枚目となるアルバム『ディスタンス・インビトウィーン』を3月に日本発売!

2016.02.04

ザ・コーラルが5年間の沈黙を経て、7枚目となるアルバム『ディスタンス・インビトウィーン』を3月23日に日本発売する事が決定!新作はリヴァプールのパー・ストリート・スタジオにてリチャード・ターヴェイと共同プロデュースされ、収録曲の大半は生演奏の一発録音、意図的に荒削りなサウンドに仕上げられており、日本盤CDには「アンフォーギヴン」がボーナス・トラックとして追加収録されます。

グループの活動休止と再開についてジェイムズ・スケリー(vocals/guitars)は「バンドとして壁にぶち当たったという結論に至ったんだ。とにかく一度立ち止まって、一息おく必要があった。ツアーに出て、アルバムを作って、またツアーに出るという同じことを繰り返し、12年経って、もはやそれはメンバーにとって止めるのが怖くなる習慣のようになってしまっていた。今振り返ると、バンドとしてしっかり充電できた結果論だけれど、あれは最高の決断だったと言えるね。」と語っています。

今作から、元ザ・ズートンズのギタリスト、ポール・モウリーが加入し、ジェイムズ・スケリー、イアン・スケリー(drums/percussion/vocals)、ニック・パワー(keyboard/vocals)、ポール・ダフィ(bass/keyboards/vocals) の5人編成となったザ・コーラル。

ジェイムズ・スケリーは新作のセッションを思い返し「ポールはイアンとサーペント・パワーで一緒にバンドをやっていたし、メンバーとも長年の友達だった。既に何曲かレコーディングは終わっていて、ポールのギターを少々追加することをイアンが提案したんだ。彼のパートは本当に曲を引きたててくれたよ。彼はどこでやり過ぎないように控えめにするといいのかをわかっていた。それからは後戻りはなかったね。フル・バンドになったし、他のアルバムに見合うくらいのものを作れる自信があった。」

アルバム『ディスタンス・インビトウィーン』は、ザ・コーラルの初期のメンターであり、2014年に死去したデルタソニック・レーベルの社長アラン・ウィルズに捧げられた作品。

iTunes Storeではアルバム『ディスタンス・インビトウィーン』予約注文の受付が開始され、予約すると先行トラック「ミス・フォーチュン」、「チェイシング・ザ・テイル・オブ・ア・ドリーム」がダウンロード可能です。



<iTunesはこちら>
https://itunes.apple.com/jp/album/distance-inbetween/id1079773558?app=itunes

 



ファースト・シングル 「ミス・フォーチュン」



「チェイシング・ザ・テイル・オブ・ア・ドリーム」





新作は、リチャード・イエーツの本、アラン・ムーアのコミック、1980年代のおもちゃ、クラウトロックのコンピレーションのサウンド、マディ・ウォーターズの『エレクトリック・マッド』、グレゴリー・クリュードソンのダークで美しい写真にインスピレーションを受けたザ・コーラルの世界へと聴き手をいざないます。


【商品概要】(国内盤CD)

アーティスト:THE CORAL / ザ・コーラル
タイトル:DISTANCE INBETWEEN / ディスタンス・インビトウィーン

品番:SICX-40  
価格:¥2,400+税  
仕様:日本盤ボーナス・トラック収録 / 歌詞・対訳・解説付
発売日:2016年3月23日(海外:3月4日)



収録曲
1. Connector / コネクター
2. White Bird / ホワイト・バード
3. Chasing The Tail Of A Dream / チェイシング・ザ・テイル・オブ・ア・ドリーム
4. Distance Inbetween / ディスタンス・インビトウィーン
5. Million Eyes / ミリオン・アイズ
6. Miss Fortune / ミス・フォーチュン
7. Beyond The Sun / ビヨンド・ザ・サン
8. It’s You / イッツ・ユー
9. Holy Revelation / ホーリー・レヴェレイション
10. She Runs The River / シー・ランズ・ザ・リヴァー
11. Fear Machine / フィア・マシーン
12. End Credits / エンド・クレディッツ
13. Unforgiven / アンフォーギヴン*
*日本盤CDボーナス・トラック

 

 

【関連リンク】
・ザ・コーラル 海外オフィシャル・サイト http://thecoral.co.uk/


【ミニ・バイオグラフィ】
リヴァプール郊外のホイレイクで結成。メンバーのほとんどが10代でリリースされたデビュー・アルバム『ザ・コーラル』(02年/UKアルバム・チャート5位)、セカンドAL『マジック&メディスン』(03年/UKアルバム・チャート1位)、ミニAL『ナイトフリーク・アンド・ザ・サンズ・オブ・ベッカー』(04年/UKアルバム・チャート5位)、サードAL『インヴィジブル・インヴェイジョン』(05年/UKアルバム・チャート3位)など、これまでに通算6作のアルバムを発売。普遍的なメロディを奏で、サイケデリック、ロックンロール、リズム&ブルース、ソウル、フォークなど感じさせる音楽性は、時代、定義や枠を超越したザ・コーラルだけのもの。現在のメンバーは、ジェイムズ・スケリー(vocals/guitar)、イアン・スケリー(drums/percussion/vocals)、ニック・パワー(keyboard/vocals)、ポール・ダフィ(bass/keyboards/vocals)に元ザ・ズートンズのギタリスト、ポール・モウリーが加わった5人編成。バンドとリチャード・ターヴェイで共同プロデュースされた7枚目となる新作『ディスタンス・インビトウィーン』が2016年3月に発売となる。


rss

関連商品