●1968年3月30日カナダのケベック州生まれ(現在50歳)。

●1987年にリリースしたフランス語アルバムが本国カナダでヒット。

●1991年に初の英語作品であり世界デビュー・アルバム『ユニゾン』を発表。以降、『セリーヌ・ディオン』(1992年)『ラヴ・ストーリーズ』(1993年/全米4位)『フォーリング・イントゥ・ユー』(1996年/全米1位)『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』(1997年/全米1位)『スペシャル・タイムス』(1998年/全米2位)『ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』(2002年)『TAKING CHANCES』(2007年/全米3位)『ラヴド・ミー・バック・トゥ・ライフ』(2013年/全米2位)といった9枚の英語スタジオ・アルバムを発表し、すべてが世界的ヒットに。

●アルバムのみならず、「ビューティ・アンド・ザ・ビースト」(全米9位)「イフ・ユー・アスクド・ミー・トゥー」(全米4位)「めぐり逢えたら・愛のテーマ」「パワー・オブ・ラヴ」(全米1位)「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」(全米1位)「イッツ・オール・カミング・バック・トゥー・ミー・ナウ」(全米2位)「オール・バイ・マイセルフ」(全米4位)「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(オリコン1位)「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(全米1位)「アイム・ユア・エンジェル(with R.ケリー」(全米1位)など数多くのシングル・ヒットを誇る。

●「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」での<グラミー賞><アカデミー賞>W授賞を始め、グラミー賞5回、アカデミー賞2回など数々の音楽賞を獲得。これまでの驚異的な売上と功績に対し、<ワールド・ミュージック・アワード>「ダイヤモンド賞」、<ビルボード・ミュージック・アワード>「アイコン賞」にも輝いている。

●これまでに4度の来日公演を開催(1994年/1997年/1999年/2008年)。そのうち2回はドーム・ツアー。

●2018年5月7日、異色のヒーロー映画「デッドプール」の続編『デッドプール2』(6月1日全国ロードショー)のオープニング・テーマ曲「アッシュズ」を発表。

●2018年6月26日、東京ドームにて10年ぶりとなる来日公演を果たす。(5度目の来日公演)

 

(2018年6月現在)