●1968年3月30日、カナダのケベック州にてフォーク・ミュージシャンの両親のもと14人兄弟の末っ子として生まれる。

●とにかく歌の好きな、そして非凡なほどうまい子供で、それに気づいた母がデモ・テープを録り、偶然耳にした地元のプロデューサー/マネージャーに見い出され契約を結ぶ。時に1980年、その人物レネ・アンジェリルとセリーヌの運命の出逢いであった。

●レネは私財を投じて彼女のレコード・リリースを実現し、1981年にはカナダ中に天才少女シンガーとして話題に。

●1982年、<第13回ヤマハ世界歌謡音楽祭>出場のため初来日し金賞に輝く。

●1984年、パリのオランピア劇場に最年少で出演。母国語であるフランス語でのセリーヌのレコードは彼の地でも大ヒットを記録。

●1987年、ソニー・カナダからのアルバムが本国でビッグ・セールスに。

●1988年、ユーロヴィジョン・ソング・コンテストで優勝。エルトン・ジョンに絶賛される。

●1989年、本国カナダにおけるグラミーに相当する<ジュノ・アウォーズ>でのパフォーマンスの際にデヴィッド・フォスターから強いアドヴァイスを受け、2カ月間かけて英語を特訓。

●1991年、制作予算におよそ100万ドルを費し、ほぼ2年という歳月をかけて完成したインターナショナル・デビュー・アルバム『ユニゾン/UNISON』をリリース(初の全曲英語詞の作品)。発表に伴い、全米100カ所以上で親ぼくを深めるためのパーティーを開き、純朴でひたむきなキャラクターとすでに充分過ぎるほどの個性と正確さを備えた歌唱力を直接伝え続け、全米74位まで上昇。同作からは「哀しみのハート・ビート」(全米4位)と「(イフ・ゼア・ワズ)エニィ・アザー・ウェイ」(同35位)がヒット。

●1991年3月、第20回ジュノ・アウォーズで「最優秀アルバム」「最優秀女性ヴォーカリスト」を授賞。同年8月にマイケル・ボルトンのスペシャル・ゲストとして同行したツアーのトロント公演でおよそ40万ドルの興業収益を記録。

●1992年、アルバム『セリーヌ・ディオン/CELINE DION』リリース。全米34位。ピーボ・ブライソンとのデュエットでディズニー映画『美女と野獣』のテーマ「ビューティ・アンド・ザ・ビースト」(全米9位)「イフ・ユー・アスクド・ミー・トゥー」(全米4位)など収録。 「ビューティ・アンド・ザ・ビースト」が、同年第65回アカデミー賞「主題歌賞」授賞。7月より再びマイケル・ボルトンのスペシャル・ゲストとして全米40都市を回るコンサート・ツアーを敢行、9月に「アーセニア・ホール・ショー」、12月に「ザ・トゥナイト・ショー」といった全米の人気TV番組に出演。 

●1993年2月、「ビューティ・アンド・ザ・ビースト」は、第35回グラミー賞「最優秀ポップ・デュオ」にも輝き、さらに3月にはジュノ・アウォーズにおいて「最優秀シングル」「最優秀女性ヴォーカリスト」を授賞。

●1993年、『ラヴ・ストーリーズ/THE COLOUR OF MY LOVE』リリース。全米4位。「めぐり逢えたら・愛のテーマ」(全米第23位)、「パワー・オブ・ラヴ」(同1位:初の全米1位)「ミスレッド」(同23位)、「シンク・トワイス」(同95位がヒット。

●1994年2月、ディズニー・チャンネルで1時間のスペシャルが放送され、ラスベガスMGMグランド・ホテルでの<ジャクソン・ファミリー・オナーズ>にも出演するなど引き続き着実にスーパースターへの地位を歩む。

●1994年5月、カナダ・ツアーの合間に来日を果たし、<JTスーパー・プロデューサーズ: デヴィッド・フォスター>に出演。武道館の舞台でトリを務めた。

●1994年12月、初の単独来日公演を開催。

●1994年12月17日、長年のビジネス・パートナーでもあったレネ・アンジェリルとモントリオールで結婚(この時セリーヌ26歳・レネ52歳)。

●1995年、『ラヴ・ストーリーズ』の全世界的セールス状況は衰えず、イギリスでは2月に「シンク・トワイス」がビートルズが'65年に「アイ・フィール・ファイン」と『フォー・セール』で成し遂げて以来、初めて5週以上シングルとアルバムを同時1位という記録を樹立。5月には第7回<ワールド・ミュージック・アウォーズ>席上で、「年間最多セールス・カナディアン・アーティスト」を授賞。

●1995年、『フレンチ・アルバム』の発表

●1996年3月、4作目の英語作品『フォーリング・イントゥー・ユー/FALLING INTO YOU』リリース。初の全米1位。同作からは「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」(全米1位)「イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ」(同2位)「オール・バイ・マイセルフ」(同4位)、日本ではTVドラマの主題歌に起用された「トゥ・ラヴ・ユー・モア」が大ヒット(アイリーン・キャラの「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」以来12年ぶりに洋楽曲としてのオリコン1位を獲得)。アルバム発表にあわせ、初のヘッドライナーとしての全米ツアーに突入。

●1996年7月にアトランタ・オリンピックのオープニング・セレモニーで「パワー・オブ・ザ・ドリーム」を感動的に披露。秋以降、ヨーロッパそして本国カナダでのツアーを続けた。

●1997年2月、2度目の来日公演を横浜アリーナからスタート。日本武道館や大阪城ホールを満員の客が埋め尽くした。

●1997年11月、『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ/LET'S TALK ABOUT LOVE』リリース。全米1位。同作からは、TVドラマ提供された「ビー・ザ・マン」に続き、史上最大のヒット作となった映画『タイタニック』の主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」が空前の大ヒット。

●1998年10月、『スペシャル・タイムス/THESE ARE SPECIAL TIMES』リリース。全米2位。同作からはR.ケリーとの「アイム・ユア・エンジェル」が大ヒット(全米1位)。 

●1999年1月~2月、すべてがドーム会場という最大規模の来日公演が完全ソールド・アウト。「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」により第41回グラミー賞で「最優秀レコード」他、計4部門を授賞。

●1999年11月、『ザ・ベリー・ベスト/ALL THE WAY...A Decade Of Song』(7曲の新曲を含むベスト・アルバム)リリース。アルバムのタイトル曲で、フランク・シナトラが1957年から'58年にかけて全米大ヒット(第2位)した名曲に本家シナトラのヴォーカル・パートをミックスし、夢のデュエットが実現。

●1999年12月31日、モントリオールにて"グランド・フィナーレ"と銘打たれたミレニアム・ショーをもって、最愛の夫レネの看病、そしてごく普通の家庭人としての生活を営むために活動休止。

●2001年、第2子出産。

●2002年、アルバム『ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』で活動を再開し、全米1位を記録。

●2003年、シーザーパレス・ホテルにセリーヌのために建築されたシアターで、セリーヌだけのショー「A NEW DAY」をスタート。年間160本以上行われ、一晩約3万円のチケットが3年間で300万枚もソールド・アウト。

●2007年11月、アルバム「TAKING CHANCES」リリース。全米3位。

●2007年12月15日、[A NEW DAY]千秋楽(同12月19日DVD化リリース)。

●2008年3月、9年ぶり4度目の来日公演を東京・大阪のドームで開催。

●2010年1月、第52回グラミー賞でマイケル・ジャクソンへのスペシャル3Dトリビュートとして、ジェニファー・ハドソン、スモーキー・ロビンソン、キャリー・アンダーウッド、アッシャーと「アース・ソング」を熱唱。

●2010年3月、2011年3月より米ラスベガスのシーザーズ・パレスにて3年間、累計210回のショウを行う契約を新たに結んだことを発表。

●2010年5月、体外受精にて双子を妊娠したことを発表。同年10月に無事出産。

●2011年3月、シーザーズ・パレスにて、グラミー受賞プロデューサー ケン・エールリッヒが監督する新たなショーが開幕。休演期間をはさみつつ累計210公演開催。

●2012年11月、フランス語歌唱アルバム『Sans Attendre』をリリース。フランス、カナダ、ベルギーで1位を獲得。

●2013年11月、英語歌唱のスタジオ・アルバムとしては6年ぶりとなる『ラヴド・ミー・バック・トゥ・ライフ』リリース。全米2位。

●2016年8月、1月に最愛のパートナーであったレネ・アンジェリル氏を亡くしながらも、彼の希望を叶えるために活動を再開し、母国語フランス語で歌われたオリジナル・アルバム『Encore un soir』を発表。リリースに先駆けて行われていたヨーロッパ・ツアーでは、天を仰ぎ唄うセリーヌに多くのファンがエールを送った。

●2017年、映画『美女と野獣』サウンドトラックに「時は永遠に(How Does a Moment Last Forever)」を提供。

●2018年、5度目の来日公演が決定。6月に東京ドームにて約10年ぶりに日本のステージに立つ。