ブルース・スプリングスティーンが語る映画『ウエスタン・スターズ』。本日11/6サントラ盤・アルバム全曲再現ライヴ盤日本発売! ブルース・スプリングスティーンの監督デビュー作映画のサウンドトラック『ウエスタン・スターズ―ソングズ・フロム・ザ・フィルム』。

2019.11.06

2019年6月に発売され、全英1位、全米2位を獲得したブルース・スプリングスティーン5年ぶり通算19作目となるオリジナル・ニューアルバム『ウエスタン・スターズ』が映画化され10/25から全米公開、スプリングスティーンの監督デビュー作として話題となっている。この映画のサウンドトラック盤として『ウエスタン・スターズ―ソングズ・フロム・ザ・フィルム』の日本盤が本日11月6日発売となった。同サウンドトラックには今年6月に発表された最新ソロ・アルバム『ウェスタン・スターズ』をまるごと曲順通り披露した13曲に、アンコールとしてグレン・キャンベルへの追悼の意を込めた「ラインストーン・カウボーイ」のカヴァーを加えた14曲を収録し、20人のフル・オーケストラを含む30人を超えるバンドをバックにした音の厚み、迫力満点のライヴ・パフォーマンスを繰り広げている。ライヴ・パフォーマンスの会場となったのは、ニュージャージー州コルツネックのブルースの自宅ストーン・ヒル・ファームにある築140年という古い納屋の上階で、日頃からスプリングスティーン一家がお祝い事のパーティーに使っているところ。かつては干し草置き場だったという。今作のスペシャル・サイトも公開となった。

 

『ウエスタン・スターズ―ソングズ・フロム・ザ・フィルム』スペシャル・サイト

 

Bruce Springsteen - Sundown (From the Film Western Stars)

 

 

映画『ウェスタン・スターズ』について最新インタビューでスプリングスティーンは映画についてこう語っている。

 

「最初に撮影について話し合いをしたのは、ツアーに出ないことにしたので、うーん、どうやってみんなと(このアルバムについて)コミュニケートすればいいかなと考えていたときだった。それで俺は言ったんだ。よし、それならアルバムの最初から最後までライヴで演奏するのを撮影しようとね。それで俺たちはそれをやった」

 

更にブルースは曲の背景や心情を吐露するナレーションの台本をすべて書き、それを映画に追加。コンサート映画とそのアーティストの人生とキャリアを組み合わせた作品となった。

「そうしたら突然まったく別の種類の映画になった。俺たちの音楽のために聴衆とうまくコミュニケートできると思える映画にね」

 

「(アルバム『ウエスタン・スターズ』は)俺がある一定のやり方でつなぎ合わせた新曲のコレクションで、そこにはこの国の西部を想起させる雰囲気とあるソングライティングのスタイル――70年代の南カリフォルニアの――があった。そういった傾向のソングライティングに興味があったんだ。そして、そこには僕が伝えようとしている感情の弧があった。それを映画はレコード以上に引き出してくれる。音楽の間に語りを加えると、それがアルバムの意味をずっと前に引き出すんだ」

 

映画ではコンサート・シーンだけでなく、西部、南西部のイメージの映像が多く使われて、アルバムの収録曲の風景や登場人物たちのイメージと重なり合う。最も私的な映像として彼らの新婚旅行で撮ったホーム・ムーヴィーまで登場する。

 

映画トレイラー

 

2016年の自伝本「ボーン・トゥ・ラン」で作家デビュー、2018年の舞台『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』でブロードウェイ・デビュー、そして、この映画『ウエスタン・スターズ』で映画監督デビュー、スプリングスティーンの新たなる挑戦3部作はこれでひとまず締めくくられるようだ。これらに続く今後の挑戦は?という質問に対し、力強くこう答えた

 

「今年末にEストリート・バンドとロック・アルバムを録音して、来年はツアーに出る。みんなツアーで会おう」

 

|作品情報|

●ブルース・スプリングスティーン『ウエスタン・スターズ―ソングズ・フロム・ザ・フィルム』

Bruce Springsteen/Western Stars - Songs From The Film

2019年11月6日発売  SICP6239  \2400+税

 

収録曲:

1.ヒッチ・ハイキン

2.ザ・ウェイフェアラー

3.トゥーソン・トレイン

4.ウエスタン・スターズ

5.スリーピー・ジョーズ・カフェ

6.ドライヴ・ファースト(ザ・スタントマン)

7.チェイシン・ワイルド・ホーセズ

8.サンダウン

9.サムウェア・ノース・オブ・ナッシュヴィル

10.ストーンズ

11.ゼア・ゴーズ・マイ・ミラクル

12.ハロー・サンシャイン

13.ムーンライト・モーテル

14.ラインストーン・カウボーイ

(「ラインストーン・カウボーイ」はグレン・キャンベルのカヴァー。それ以外はブルース・スプリングスティーン作)

 

『ウエスタン・スターズ―ソングズ・フロム・ザ・フィルム』演奏者

ブルース・スプリングスティーン:ヴォーカル、アコースティック・ギター

パティ・スキャルファ:アコースティック・ギター、ヴォーカル、ヴォーカルのアレンジ

ロブ・メイス:キーボード、ピアノ

チャーリー・ジョルダーノ:ピアノ、オルガン、アコーディオン

マーク・ミューラー:ペダル・スティール、エレクトリック・ギター、バンジョー、アコースティック・ギター

グンナー・オルセン:ドラムス

ベン・バトラー:エレクトリック・ギター、バンジョー

カーヴェー・ラステガー:ベース

ヘンリー・ヘイ:キーボード

 

ヴァイオリン:ジョアンナ・モーラー(コンサートマスター)、モニカ・デイヴィス、マギー・グールド、ジョイス・ハマン、エリザベス・リム・ダットン、ローラ・ルッツェ、アナリーサ・プレイス、エマ・サットン、ロビン・ゼー

ヴィオラ:モリッシー・バナスゼック、ウィル・フランプトン、セリア・ハットン

チェロ:アンドリュー・ジャンス、モーリーン・マクダーモット、アラン・ステパンスキー

フレンチ・ホルン:レイチェル・ドレイマン、ゾハー・ションドーフ

トランペット:バリー・ダニエリアン、カート・ラム

バック・ヴォーカル:パティ・スキャルファ、スージー・タイレル、リサ・ローウェル、ヴァニーズ・トーマス、スレニティ・XYZ

 

 


rss

関連商品