歴史的ライヴ音源の数々がストリーミングで初登場! 12/14発売『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』に合わせて「ライヴ」にフォーカスしたプレイリスト“Songs of the Road”公開!

2018.12.03

いよいよ12月15日でSPRINGSTEEN ON BROADWAYの千秋楽を迎える、ブルース・スプリングスティーン。その前日12月14日にはコンプリート・ライヴ盤『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』の発売が決定しているが、それに合わせてブルース・スプリングスティーンの最大の魅力である「ライヴ」にフォーカスした初の公式プレイリストが公開された。

 

タイトルは『The Live Series:The Songs of the Road』。ブルース・スプリングスティーンの全キャリアの中から歴史的名演15曲を収録。その全曲が、ストリーミングで初配信となる貴重な音源となる。古くは1977年から2013年までの、Eストリート・バンドとのダイナミックで圧倒的なロックン・ロール、「明日なき暴走」や「涙のサンダー・ロード」などの代表曲から、心揺さぶられるエモーショナルで感動的な「レーシング・イン・ザ・ストリート」や「ドライヴ・オール・ナイト」、切々と訴えるように語りかけるソロ・アコースティックから、お祭り騒ぎのシーガー・セッション・バンドまで、「世界最高峰のライヴ・パフォーマンス」と呼ばれるスプリングスティーンの様々なタイプのライヴの魅力を堪能することができる。

 

収録曲は、アルバム『明日なき暴走』と『闇に吠える街』の合間に法廷闘争が行なわれていた時期の “LAWSUIT TOUR”と呼ばれていたツアーの1977年2月の公演より「涙のサンダー・ロード」「凍てついた十番街」。DARKNESS TOURからは名演中の名演と評価の高い1978年8月のCleveland のAGORA公演と9月のNJ PassaicのCapitol Theatre公演より「レーシング・イン・ザ・ストリート」「57番通りの出来事」。1980年THE RIVER TOURでの大みそか年越しライヴより「キャディラック・ランチ」。1984年8月地元NJでのBORN IN THE USA TOURより「明日なき暴走」。1996年11月THE GHOST OF TOM JOAD TOURでの生まれ故郷NJフリーホールドの母校での公演より「ユーズド・カー」。2006年4月Seeger Session Tourでのニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティヴァル出演時の「オープン・オール・ナイト」。2008年4月17日に亡くなったE Street Bandのキーボーディスト・ダニー・フェデリチがフル・ショーで参加した最後の公演、2007年11月19日のMAGIC TOURでのボストン公演より「Eストリート・シャッフル」。2009年11月WORKING ON A DREAM TOURよりNYマジソン・スクエア・ガーデンでのアルバム『ザ・リバー』全曲演奏時の「ドライヴ・オール・ナイト」。そして2013年7月WRECKING BALL TOURでのイタリア・ローマの競馬場での公演より「ワーキング・オン・ザ・ハイウェイ」など、重要な節目でのライヴ・パフォーマンスが収録されている。

 

超レア音源としては、1977年頃のライヴで20数回演奏されてはいたが、その後Eストリート・バンドとは一切演奏されることがなく、アルバムにも未収録の当時の未発表曲「アクション・イン・ザ・ストリート」の1977年2月7日NYオールバニのPalace Theatreでのライヴ音源が収録されている。

 

ストリーミングのリンクはこちらより

“Songs of the Road” LINK: https://Springsteen.lnk.to/SongsOfTheRoad

 

プロモーション映像も公式ツイッターで公開されている

https://twitter.com/springsteen/status/1068545465820561411

 

【『The Live Series:The Songs of the Road』収録曲

1. 涙のサンダー・ロード/Thunder Road (Live at the Palace Theatre, Albany, NY – 1977年2月7日)

2. ハイウェイ29/Highway 29 (Live at King's Hall, Belfast, UK – 1996年3月19日)

3. 57番通りの出来事/Incident On 57th Street (Live at the Capitol Theatre, Passaic, NJ – 1978年9月20日)

4. オープン・オール・ナイト/Open All Night (Live at New Orleans Jazz and Heritage Festival, New Orleans, LA -2006年4月30日)

5.盗んだ車/Stolen Car (Live at the ASU Activity Center, Tempe, AZ – 1980年11月5日)

6. 凍てついた十番街/Tenth Avenue Freeze-Out (Live at the Auditorium Theatre, Rochester, NY – 1977年2月8日)

7. アウト・イン・ザ・ストリート/Out In the Street (Live at the Wachovia Spectrum, Philadelphia, PA – 2009年10月20日)

8. ドライヴ・オール・ナイト/Drive All Night (Live at Madison Square Garden, New York, NY – 2009年11月8日)

9. 明日なき暴走/Born to Run (Live at the Brendan Byrne Arena, East Rutherford, NJ – 1984年8月5日)

10. ユーズド・カー/Used Cars (Live at St. Rose of Lima School, Freehold, NJ – 1996年11月8日)

11. アクション・イン・ザ・ストリート/Action in the Streets (Live at the Palace Theatre, Albany, NY – 1977年2月7日)

12. レーシング・イン・ザ・ストリート/Racing In the Street (Live at the Agora, Cleveland, OH – 1978年8月9日)

13. ワーキング・オン・ザ・ハイウェイ/Working On the Highway (Live at Ippodromo delle Capannelle, Rome, Italy – 2013年7月11日)

14. Eストリート・シャッフル/The E Street Shuffle (Live at TD Banknorth Garden, Boston, MA – 2007年11月19日)

15. キャディラック・ランチ/Cadillac Ranch (Live at the Nassau Veterans Memorial Coliseum, Uniondale, NY – 1980年12月31日)

 

ニューヨーク、ブロードウェイのウォルター・カー劇場で行われている、ブルース・スプリングスティーンの歴史的な公演『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』は12月15日が最終公演日となり、全236公演、約1年間に渡るロングラン公演が遂に幕を閉じる。たった960席の小さな会場で「NYで最も入手困難なチケット」として話題となるほどプレミア化したそのショーが、12月14日『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』のコンプリート・ライヴ盤として発売となる。日本盤ブックレットには重要な「語り」部分の全訳を掲載。翻訳はスプリングスティーンのすべての作品の対訳を担当している三浦久氏。また、日本人でこのライヴを生で見ることができた貴重な一人、「スプリングスティーンの歌うアメリカ」の著者、五十嵐正氏の詳細なライナーノーツも収録される。『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』のミキシングはボブ・クリアマウンテン、マスタリングはボブ・ラドウィッグが担当。

 

詳細はこちら

https://SonyMusicJapan.lnk.to/BossOnBroadway

 

12月16日にはNETFLIX独占で全世界配信されることが決定し、その最新のトレイラーがNETFLIXの公式サイトで日本語字幕付きで公開となった。

*『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』最新トレイラー(日本語字幕付):https://www.netflix.com/jp/title/80232329

*YouTubeでの海外trailer(こちらは日本語字幕なし):https://youtu.be/M1xDzgob1JI

 

 

【『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』について】

世界的ベストセラーとなった自伝『ボーン・トゥ・ラン ブルース・スプリングスティーン自伝』を元に制作された『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』は、ミュージカルでもコンサートでもひとり芝居でもない、それらを統合したボスにしかできないパフォーマンスを実現した特別なショー。同じ部屋にいる彼が思い出話を分かち合うような親密な雰囲気を保ちながら、笑いあり、涙ありのストーリーと、その物語にまつわるスプリングスティーンの歌。演奏はブルースと彼のギター、1台のピアノのみ。しかし、そのダイナミックさは圧倒的で、魔法にかけられたような、心揺さぶられる感動的体験は観たものすべてを魅了する。『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』はニューヨーク、ブロードウェイのウォルター・カー劇場にて2017年10月3日にプレビューが始まり、正式公開されたのは10月12日だった。上演期間は当初8週間だったが、すべての公演が発売即ソールド・アウトとなり、3回追加延長され、12月15日に最終日を迎える(約一年間でトータル236公演行なった)。第72回トニー賞では「特別賞」も受賞。

  

 

|最新作情報|

ブルース・スプリングスティーン 『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』

Bruce Springsteen / Springsteen On Broadway

2018/12/14発売  \3,200+税  SICP-5997~5998 

完全生産限定盤 特殊アウターケース付 2枚組CD 紙ジャケット仕様/解説:五十嵐正・対訳:三浦久/重要な曲間の「語り」訳もブックレットに収録

 

<『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』収録曲>

1.成長するってことGrowin’ Up (イントロダクション&楽曲)

2.マイ・ホームタウンMy Hometown (イントロダクション&楽曲)

3.僕の父の家My Father's House (イントロダクション&楽曲)

4.ザ・ウィッシュThe Wish (イントロダクション&楽曲)

5.涙のサンダーロードThunder Road (イントロダクション&楽曲)

6.プロミスト・ランドThe Promised Land (イントロダクション&楽曲)

7.ボーン・イン・ザ・U.S.A. Born In The U.S.A. (イントロダクション&楽曲)

8.凍てついた十番街Tenth Avenue Freeze-Out (イントロダクション&楽曲)

9.タファー・ザン・ザ・レストwithパティ・スキャルファ Tougher Than The Rest (イントロダクション&楽曲) with Patti Scialfa

10.ブリリアント・ディスガイズwith Patti Scialfa  Brilliant Disguise (イントロダクション&楽曲) with Patti Scialfa

11.ロング・タイム・カミンLong Time Comin’(イントロダクション&楽曲)

12.ザ・ゴースト・オブ・トム・ジョードThe Ghost Of Tom Joad(イントロダクション&楽曲)

13.ザ・ライジングThe Rising (楽曲)

14.ダンシング・イン・ザ・ダークDancing In The Dark (イントロダクション&楽曲)

15.ランド・オブ・ホープ・アンド・ドリームスLand Of Hope And Dreams (楽曲)

16.ボーン・トゥ・ランBorn To Run (イントロダクション&楽曲)

 

ご予約はこちら

https://SonyMusicJapan.lnk.to/BossOnBroadway

 

 

|リンク|

●日本公式facebook: https://www.facebook.com/BruceSpringsteenJapan

 

 

|番組情報|

NETFLIX独占配信『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』 

2018年12月16日より配信開始

ベストセラーとなった本人執筆の自伝を基にし、高い評価を受けたショー。ブルース・スプリングスティーンが自らの曲を演奏し、個人的な思い出について語る。

番組サイト:https://www.netflix.com/title/80232329

 

 

|動画情報|

●公式ツイッターよりSongs Of The Roadプロモーション映像

https://twitter.com/springsteen/status/1068545465820561411

 

 

Springsteen On Broadway NETFLIX日本トレイラー(日本語字幕付) :https://www.netflix.com/jp/title/80232329

 

Springsteen On Broadway NETFLIX 海外トレイラー(日本語字幕なし):https://youtu.be/M1xDzgob1JI

<

 

 

●『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』アルバムの第一弾トレイラー

https://youtu.be/E0Bkn9KgT6Y


rss

関連商品