「はげしい雨が降る」、「コーヒーもう一杯」のパフォーマンスがフルで公開中!

2019.06.17

Netflixオリジナル映画『ローリング・サンダー・レヴュー:マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説』のためにレストアされた2曲がフル・ヴァージョンにて公開された。映画では編集されていた歌の映像が完全版として登場し、1975年のステージが鮮やかに蘇る!

 

▼「はげしい雨が降る」(フル・パフォーマンス)はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=iUD5snx-XOo

 

 

▼「コーヒーもう一杯」(フル・パフォーマンス)はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=ujgqOgMIwfA

 

 

●CD『ローリング・サンダー・レヴュー:1975年の記録』の解説より

「はげしい雨が降る」

63年のアルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』に収められていた初期の代表曲。公民権運動、キューバ危機などで大きく揺らぐ60年代初頭の米国にあって、その切実な思いを綴った名曲だ。もともとはアコースティック・ギターの弾き語りナンバーだったが、ローリング・サンダー・レヴューではドライヴ感たっぷりのブギ・ブルースへと変身。フォーク・シンガーとしてデビューする以前、ロックンローラーに憧れて自ら音楽をやるようになったディランの音楽的な出自を改めて聞き手に思い知らせるかのようなパフォーマンスになっている。

 

「コーヒーもう一杯」

アルバム『欲望』を代表する人気曲。フランスでジプシー・フェスティヴァルに遊びに行った際に知り合った自称ジプシーの王との交遊に刺激を受けてディランが書き上げたナンバーだ。本ボックスにはリハーサル、ライヴ本番、数多くのテイクが収められているが、どれもスカーレット・リヴェラのジプシー・ヴァイオリンがなまめかしく舞うエキゾチックな仕上がり。思いのほかハードに歌い回すディランのヴォーカルが魅力的だ。

 

解説著者:萩原健太

https://kenta45rpm.com/

 

志か怒りか、ディランがロックする。

ボブ・ディラン

『ローリング・サンダー・レヴュー:1975年の記録』

絶賛発売中●完全生産限定盤●輸入盤国内仕様:輸入盤BOX(14CD、56Pブックレット)●136P日本版ブックレット(解説・歌詞・対訳)付●\15,000+税●SICP6101~14

●CDの詳しくはこちら

→ http://www.110107.com/dylan_1975

 

Netflixオリジナル映画『ローリング・サンダー・レヴュー:マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説』独占配信中!

巨匠マーティン・スコセッシが贈る『ローリング・サンダー・レヴュー:マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説』は、ドキュメンタリー、ライヴ映像、そして熱狂的な夢が織り混ざった極めて貴重な作品。映画に登場するディランのパフォーマンスの音源のすべては14枚組CDボックス・セット『ローリング・サンダー・レヴュー:1975年の記録』に収められている。

 

■映画本編はこちらから(有料)

https://www.netflix.com/title/80221016

 


rss

関連商品