『ボブ・ディラン 30周年記念コンサート』が遂に初DVD/ブルーレイ化!CD2枚組エディションとともに同時発売!来日公演直前に緊急リリース決定!

2014.01.22


『ボブ・ディラン 30周年記念コンサート』が3つの形態(CD2枚組、DVD2枚組、ブルーレイ・ディスク)でリリースされることが決定した。発売日はUSが2014年3月4日、日本では奇跡のライヴハウスツアー、通算7度目の来日公演直前の3月26日に発売予定。音源は最新リマスタリングを施し、新しいハイビジョン・ビデオ・マスターから制作された『30周年記念コンサート』は、スーパースター達が一堂に会した豪華絢爛夢の共演、歴史的な音楽イベントとなった「奇跡の夜」の初DVD/ブルーレイ化商品。

 

『30周年記念コンサート』の2枚組DVDおよびブルーレイ・ヴァージョンには、貴重な舞台裏のリハーサル風景、インタビューなど、40分間の未発表映像と本編未収録ライヴ映像が3曲収録される。また2枚組CDのオーディオ・エディションには、コンサートのサウンド・チェックから、2つの未発表音源が収録(シニード・オコナー「アイ・ビリーヴ・イン・ユー」と、エリック・クラプトンの「くよくよするなよ」)される。ポップ・ミュージックの歴史評論家のビル・フラナガンによる書き下ろしライナーノーツも収録。

   

1992年10月16日NYのマジソン・スクエア・ガーデンで行なわれた、ボブ・ディランのデビュー30周年を祝う、豪華絢爛ゲスト陣を迎えた伝説のトリビュート・コンサート、通称“BOBFEST”(ニ―ル・ヤングによって名づけられた)。完全ソールドアウト18,000人のオーディエンスを前に、スーパースター達が、彼らを長年にわたって感動させ影響を与えてきたディランの名曲を演奏するというものだった。今は亡きジョージ・ハリスン(アメリカでのコンサート出演としては当時18年ぶり)、ジョニー・キャッシュ、ルー・リードをはじめ、ニール・ヤング、エリック・クラプトン、スティーヴィー・ワンダー、ジョニー・キャッシュ、ジューン・カーター・キャッシュ、ザ・クランシー・ブラザーズ、リッチー・ヘヴンズ、ジョニー・ウィンター、ロジャー・マッギン、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、ウィリー・ネルソン、クリス・クリストファーソン、ロン・ウッド、クリッシー・ハインド、オージェイズ、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、シニード・オコナー、トレイシー・チャップマンといったアーティストやアイコンによって、前代未聞のラインナップが実現した。ショウを通じて音楽のバッキングを務めたのは、ブッカー・T&MG’sのメンバー3人、ギターにG.E.スミス、ドラムスにジム・ケルトナーとアントン・フィグを含む、ドリーム・チームのアンサンブルだった。「奇跡の夜」はオール・スターのジャム・セッションによる「天国の扉」で大団円を迎えた。

 

今作は一度1993年にVHSとLDでリリースされたが、権利的な問題が生じ廃盤。長らく市場から消えていたが、ついにDVD/BD化が実現。全てのボブ・ディラン・ファンが待ち望んでいた復刻といえる。

下記URLの映像に『30周年記念コンサート』の魅力がつまっております
http://www.rollingstone.com/music/videos/bob-dylans-fantastic-30th-anniversary-concert-being-reissued-20140121




CD 
DVD 
Blu-ray

 

『ボブ・ディラン 30周年記念コンサート デラックス・エディション』曲目

ライク・ア・ローリング・ストーン:ジョン・メレンキャンプ

風に吹かれて:スティーヴィー・ワンダー

フット・オブ・プライド:ルー・リード

戦争の親玉:エディ・ヴェダー / マイク・マクレディ

時代は変る:トレイシー・チャップマン

悲しきベイブ:ジューン・カーター・キャッシュ / ジョニー・キャッシュ

ワット・ワズ・イット・ユー・ウォンテッド:ウィリー・ネルソン

アイル・ビー・ユア・ベイビー・トゥナイト:クリス・クリストファーソン

追憶のハイウェイ61:ジョニー・ウィンター

セヴン・デイズ:ロン・ウッド

女の如く:リッチー・ヘヴンズ

船が入ってくるとき:ザ・クランシー・ブラザーズ、ロビー・オコネル(スペシャル・ゲスト:トミー・メイケム)

ウォー:シニード・オコナー

親指トムのブルースのように:ニール・ヤング

見張塔からずっと:ニール・ヤング

アイ・シャル・ビー・リリースト:クリッシー・ハインド

ラヴ・マイナス・ゼロ:エリック・クラプトン(DVD・ブルーレイのみ)

くよくよするなよ:エリック・クラプトン

エモーショナリィ・ユアーズ:ジ・オージェイズ

マスター・ピース:ザ・バンド

どこにも行けない:メアリー・チェイピン・カーペンター / ロザンヌ・キャッシュ / ショーン・コルヴィン

アブソリュートリー・スイート・マリー:ジョージ・ハリスン

ライセンス・トゥ・キル:トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

雨の日の女 (#12 & 35):トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

ミスター・タンブリン・マン:ロジャー・マッギン

イッツ・オールライト・マ:ボブ・ディラン

マイ・バック・ペイジズ:ボブ・ディラン / ロジャー・マッギン / トム・ペティ / ニール・ヤング / エリック・クラプトン / ジョージ・ハリスン

天国への扉 :全員

北国の少女 :ボブ・ディラン

 

【DVD/BD ボーナス・トラック】

ヒョウ皮のふちなし帽:ジョン・メレンキャンプ

スペイン皮のブーツ:ナンシー・グリフィスwithキャロリン・ヘスター

ガッタ・サーヴ・サムバディ:ブッカー・T&MG’s

 

【DVD/BDボーナス映像】

未発表の舞台裏映像40分(リハーサルの様子、インタビューなど)

 

【CDボーナス・トラック】

シニード・オコナー「アイ・ビリーヴ・イン・ユー」(サウンド・チェックより:未発表音源)

エリック・クラプトン「くよくよするなよ」(サウンド・チェックより:未発表音源)

 

【BOB DYLAN and His Band来日公演日程】

見逃すな、この奇跡。世界がうらやむ日本限定特別公演。神様(ディラン)がライヴハウスにやってくる。

●3/31(月)4/1(火)3(木)4(金)7(月)8(火)7:00pm 東京・Zepp DiverCity

●4/13(日)5:00pm 14(月)7:00pm 札幌・Zepp Sapporo 

●4/17(木)/18(金)7:00pm 名古屋・Zepp Nagoya 

●4/19(土)5:00pm 福岡・Zepp Fukuoka 

●4/21(月)22(火)23(水)7:00pm 大阪・Zepp Namba

〈お問い合わせ〉ウドー音楽事務所 03-3402-5999 udo.jp/

 


2014来日記念“ディラン祭り

 

●全てのディラン・ファンが待ち望んでいた、あの豪華絢爛夢の共演が遂に初DVD/BD化!High Definition (16 x 9) ビデオ・マスター!リマスター・オーディオ!で甦る奇跡の夜。

dvd Blu-ray 

BOB DYLAN The 30th Anniversary Concert Celebration

『ボブ・ディラン30周年記念コンサート(DVD/BD)』

3月26日発売予定(海外3/4)

2DVD:SIBP-241~2  ¥4,700+税

Blu-ray:SIXP-16  \5,700+税

 

★超貴重ボーナス映像が凄い!:コンサートとは別の日に行なわれたリハーサル風景やインタビューなど約40分の未発表映像を収録(日本語字幕付)

 

●「奇跡の夜」の模様が最新リマスター、ボーナストラックを追加してリニューアルCD化!


BOB DYLAN The 30th Anniversary Concert Celebration

『ボブ・ディラン30周年記念コンサート(CD)』

3月26日発売予定(海外3/4)

2CD:日本盤のみBlu-Spec CD2 SICP-30550~30551¥3,600+税

 

★CDのみのボーナストラック2曲追加収録

Eクラプトンの「くよくよするなよ」と、シニード・オコナーが本当は本番で歌うはずだった「アイ・ビリーヴ・ユー」をリハーサル音源から収録。(この公演の少し前に『サタデー・ナイト・ライブ』でローマ法王の写真を破り、全米に物議をかもしだしていた中、本番当日観客からの大ブーイングによって予定していた曲を歌えず、『サタデー・ナイト・ライブ』と同じく「War」を歌った、という事件。DVD/BDにはその時の模様も収録されている)

 

【バイオグラフィー】

1941年、ミネソタに生まれたボブ・ディランは大学を中退してニューヨークに向かい、カフェでフォーク・ソングを歌い始めます。プロデューサーのジョン・ハモンドの目に留まり、1962年にレコード・デビュー。他人が取り上げた「風に吹かれて」のヒットにより、まずはソングライターとして知られるようになる。公民権運動やベトナム戦争で揺れるアメリカにおいて彼の歌はプロテスト・ソングとして若者から支持を得てゆく。やがてロックの要素を取り入れ表現の幅を拡げていった彼は、ビートルズと並ぶ影響力と人気を得るに至る。定型に押し込められる事を極端に嫌う彼は、カントリーに接近したり、映画、フェスティバルやライブに出演、キリスト教に傾倒した時期もあったりと話題に事欠かない60年代と70年代を過ごしたが、この時期には数多くの名作アルバムも残した。80年代末から開始したツアーは現在も続き、1997年には新作がグラミー最優秀アルバム賞に選出されるなど長きに渡って活躍。未だに話題多き、ポピュラー音楽界の最も重要なアーティストの1人。

 

【リンク先】

・ボブ・ディラン海外公式サイトhttp://www.bobdylan.com

・ボブ・ディラン日本公式サイトhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/
rss