ASA-CHANG&巡礼are



ASA-CHANG,浦山秀彦,U-ZHAAN







 パーカッション兼バンド・マスターとして活動していた絶頂期の東京スカパラダイスオーケストラを93年に脱退したASA-CHANGは、フリーのパーカショニストとして活躍しながら、1998年、ギタリスト、プログラマーである浦山秀彦と「ASA-CHANG&巡礼」を結成。同年、TRATTORIAから1stALBUM「タブラマグマボンゴ」をリリース。翌2000年4月に超絶タブラ奏者U-ZHAANが加入し、現在の編成となる。同年、FUJI ROCK FESTIVALに参加(以後、4年連続出演!!)。2001年、驚愕作、セカンド・アルバム「花」をリリース。各方面から絶大な評価を得る。同年、初の16ヶ所に及ぶ全国ツアーを行い、翌2002年には、イギリスのレーベル「Leaf」より、シングル「hana」、アルバム「JUN RAY SONG CHANG」が全世界リリースされる。



「hana」はレーベル「Leaf」始まって以来の「BEST SELLING SINGLE」に輝く。同年、9月には初のフルレングス・アルバム「つぎねぷ」をリリース。昨年に引き続き二度目の全国21ヶ所に及ぶツアーを行う。また、この2002年の英国WIRE誌のBEST ALBUMに「JUN RAY SONG CHANG」が選ばれたことも記憶に新しい。2003年、「Leaf」よりアルバム「tsu gi ne pu」が全世界リリースされる。そして2004年1月、元祖CUTIEボイスの小泉今日子(!!)を初のフィーチャリング・ヴォーカリストに迎えたシングル「背中」をリリース。



 また、カンヌ映画祭のカメラ・ドール賞を受賞した“Scent of green papaya『青いパパイヤの香り』”の監督Tran Ahn Hungが手がけたフランスの大手コスメショップ「Marionnaud」のCMタイアップ曲に「花」が選ばれるなどカルチャーや国境を超えた幅広い活動を続けている。