グラミー賞15冠、全世界累計セールス3,500万枚以上を誇るアリシア・キーズ。7歳からピアノをはじめ、ベートーヴェン~モーツァルトといったクラシックから、ジャズまで幅広く音楽を学ぶ。2001年、デビュー作 『ソングス・イン・Aマイナー』を発表、グラミー5部門を受賞し全世界で1200万枚以上のセールスを記録。03年に2ndアルバム『ダイアリー・オブ・アリシア・キーズ』を発表。2作連続でグラミー4部門受賞という快挙を成し遂げ、全世界で800万枚以上のセールスを記録した。07年、3rd『アズ・アイ・アム』を発売。全世界で600万枚以上を売り上げた。またリード・トラック「ノー・ワン」は、08年グラミー賞で「ベストR&Bソング」「ベストR&Bパフォーマンス」2部門を受賞。同年夏にはサマーソニック初参戦を果たし、メイン・ステージでのセカンド・ヘッドライナーとして出演。09年発表の5thアルバム『エレメント・オブ・フリーダム』は、全米初登場2位を記録。また同年、ジェイ・Zとの共演曲「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」が空前の大ヒットを記録し、第53回グラミー賞で2部門を受賞。12年11月28日にリリースされた直近のアルバム『ガール・オン・ファイア』は、堂々の全米初登場1位を記録。アーティストとしての活動のほか、女優業や、熱心な慈悲事業活動家としても知られ、2014年にはチャリティー・ソング「ウィ・アー・ヒア」を発表し、大きな反響を呼んだ。2016年5月、新曲「イン・コモン」を発表し、同月のUEFAチャンピオン・ズリーグ決勝戦開会式ではアーティストとして史上初のパフォーマンスを披露。その後同年8月には、ディズニー映画『Queen of Katwe』のために書き下ろした新曲「バック・トゥ・ライフ」をリリース。2016年11月4日に4年振り、通算6作目となるニュー・アルバム『ヒアー』をリリースした。